image photo

image photo

パナホームは1963年、住まいづくりほど大切な仕事はないという創業者 松下幸之助の強い使命感から生まれました。「住まいというものは心身の置きどころであり、また、人格の成長をはかる場所でもあり、人間が生活していくうえで最も大切なもの。それにふさわしい良い家をつくりたい。」という幸之助の言葉のもと、“人間形成の場であり、家族のしあわせを育む場”である住まいの本質を見つめ、50余年変わることのない思いとともに、人々がしあわせにくらせる住まいづくりを追求しています。

(右)(上)創業者、松下幸之助の筆による「良家」。1980(昭和55)年7月9日、滋賀県草津パナタウンを訪れた折、その場でしたためられた。松下の技術を結集して建設された「ソーラーハウス」を視察し、その感激と今後の住宅への強い期待を一筆に込めたものである。

緑豊かな山があり、美しく清らかな川が流れ、四季折々にさまざまな表情を見せる日本の景観。住まいもこうした日本の自然風土と調和したものでなければならない。それが住まいのあるべき姿であり、そこに真に豊かな生活が生まれるという創業者の考えが示されている1枚の書には、“日本人のくらしの向上に貢献したい”との思いが込められています。

(右)(上)「日本の家」と記されたこの色紙は、1977年4月、「パナホーム」の名を初めて冠した商品を発売した記念すべきときに、創業者 松下幸之助から贈られたもの。

パナホームは、創業当時から室内空気の重要性に着目し、さまざまな換気システムなどを開発してきました。昭和35年、創業前に完成した「松下1号型住宅」では、計画換気、自然換気の原点といえる空気調節レジスターを採用。以来40数年、パナホームは一貫して空気の質と換気にこだわり続けています。

パナホームの分譲マンション「パークナード」。
ブランド名は、「パーク(公園)」と「プロムナード(散策や小路)」のを融合した造語で、
公園のようなのびやかな広がりと、小路が小径が醸し出す自分だけのくつろぎ空間、時間を表現しています。
また、言葉の持つ心地よい響きに加え、社名の「Pa」「Na」を内包。
パナソニックグループの住生活企業として培ってきたテクノロジーの粋を住まいに集結し、
お客様にとってかけがえのない豊かで上質な日常の価値と、これからの時代にふさわしいスマートなくらしをお届けしています。

パークナードブランドポリシー

お客様に最高の住まいをご提供するために、パナホーム分譲マンション事業では、
以下の6つのポイントに自信と責任をもって取り組んでおります。

  • プランニング&デザイン

    立地にこだわり、用地選定から企画設計まで永住思想に基づいた住まいづくりを追求します。

  • 性能

    安全・快適・健康を追求し、安定した基礎や建物構造などの基本性能のしっかりした確かな建物を創造します。

  • 環境への配慮

    地球環境への配慮をし、住まう人と自然とのつながり方を提案します。

  • パナソニックグループの総合力

    パナソニックグループの商品力・ブランド力を生かした住まいづくりを推進します。

  • 品質管理

    工事着工後も定期的に品質管理専門スタッフが現場の施工状況を確認し徹底した品質管理を実践します。

  • アフターサービス

    建物完成後も質の高い管理体制とアフターサービスで快適を維持し続け、長期に渡って資産価値を保ちます。

主な分譲実績
  • パークナード潮芦屋(平成26年竣工)

  • マジェスティハウス新宿御苑パークナード(平成26年竣工)

  • パークナード目黒(平成28年竣工)

「HEPAフィルター」搭載日本初!

健康な毎日は、何にも代えることのできない、かけがえのない財産です。パナホームは、パナソニックグループのハウスメーカーとして、住空間の空気の質にもこだわり、創業当初から約50年に渡り、換気技術を培ってきました。その追求から誕生したのが「HEPA(へパ)フィルター」搭載の換気システム。戸建住宅で採用しているこの先進の換気技術をマンションにも応用、導入しました。緑と空に抱かれ清澄な環境を求めた住まい、『パークナード経堂』では、「環境創造邸宅」の理念のもと、微粒子まで除去された“美しい空気”により、住空間にも上質な環境を創造しました。

※本物件設置の給気形中間ダクトファンにおいて分譲マンションでのHEPA フィルターを初採用。
2016年5月現在 パナソニック(株)出庫データベースより

1日のうちで、人が身体に最も多く取り込むものは、水や食べ物ではなく空気です。目に見えなくても家族の健康や快適性に大きな影響を与える大切なものだからこそ、住まいはいつもきれいな空気で満たすことが必要です。子どもと大人の体重1kg当たりの空気の摂取量を比較すると、子どもは大人の2倍の空気を必要としています。※4その分“空気の質”の影響を受けやすいと考えられます。

概念図

※1.内山厳雄(国立公衆衛生院)「空気とヒト-生理的立場から-」(1999)
※2.環境省「熱中症環境保健マニュアル」(2009)
※3.農水省 農林水産基本データ 食料自給率に関する統計
※4.東京都福祉保健局「化学物質の子どもガイドライン(室内空気編)」子どもの体重は1〜6歳の平均体重15kg、大人は日本人標準モデル50kgとして算出

外気には粉塵や埃、微粒子などの汚れが浮遊しています。なかでもPM2.5は、大きさが2.5μm以下の微粒子で、毛髪の太さの1/28程度と非常に小さいため、吸い込むことによる健康への影響が心配されています。PM2.5の中でも、より小さなPM0.5。肺胞から血液中に進入し、心臓や弁などの循環器系にまで障害を引き起こす危険性が指摘されています。

※1μmは1mmの1000分の1
※PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称のことです。

  • 概念図

    出典:米国EPA・大阪府環境農林水産部「微小粒子状物質(PM2.5)」に関する資料より

  • 概念図

    ※PM0.5とは0.5μm以下の微小粒子状物質の総称のことです。
    出典:2014年1月5日 産経ニュース

外気に浮遊する粉塵や埃をはじめ、黄砂、カビの胞子などの微粒子も「HEPAフィルター」が取り除き、空気を浄化。PM2.5はもちろん、PM0.5にも対応し、0.3μmまでの微小粒子を99.97%除去※5します。

※主な花粉の粒径 ◎ブタクサ/〜20μm ◎スギ/30〜40μm
概念図

※概念図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので実際とは異なる場合があります。
※5.HEPAフィルターの性能値。換気システム全体の数値を示すものではありません。また、0.3μm未満の微小粒子状物質については除去の確認ができておりません。

アイスランドよりも美しい空気が実現できる「HEPAフィルター」。

大自然が美しいアイスランドは、PM2.5の年間平均濃度が世界で最も低い、空気がきれいな国です。「HEPAフィルター」を通すと、日本でPM2.5が高濃度だった日の濃度101μg/m³※6が0.03μg/m³※8にまで減少。アイスランドよりも“美しい空気”が実現できます。

きれいな空気を必要とするところで使用されています。

「HEPAフィルター」は、半導体や医薬品の製造現場や病院など、きれいな空気を必要とするさまざまな場所で使用されています。また、高性能空気清浄機や家庭用掃除機のハイエンド機種などの製品にも搭載されています。

イメージ写真
イメージ写真

※6.2014年2月26日新潟市江南区での観測値(毎日新聞) 
※7.「PM2.5年間平均濃度」WHO報告書大気汚染データベース2014年度より 
※8.HEPAフィルターの性能値(工場出荷時の初期性能)より算出

  • 資料請求はこちら
  • 来場予約はこちら